ホーム | 拙著概要 | 質問への回答 | 著者紹介 | 掲示板


1.5 水行二十日、水行十日、陸行一月と倭人の短日制 - 邪馬台国の位置


<水行二十日、水行十日、陸行一月と倭人の短日制>

倭人伝での「水行二十日」「水行十日・陸行一月」とは、博多湾岸の伊都国・奴国・不弥国の倭人からの伝聞による短日表示です。そして、「投馬国は博多湾から水行20日」、「邪馬台国も博多湾から水行10日、または陸行1月」と方射的に理解すべきです。そして、その基点は必ずしも博多湾西端の伊都国とする必要性は無く、博多湾中央(奴国)が起点でも良いと考えられます。要するに、邪馬台国への旅程を博多湾岸の伊都国・奴国・不弥国の倭人に問えば、みな「水行十日、または陸行一月」と答えるのです。

そして「倭人の短日制」は、『隋書』・『旧唐書』・『新唐書』での倭国(日本)の領域を示した「東西五月行」(九州西端〜日本アルプス)、「南北三月行」(対馬北端〜九州南端)という「倭人の短日表示」により裏付けられるのです。

すなわち、里程日程の原作者である帯方郡使または交易商人は、博多湾岸の伊都国・奴国・不弥国までは実際に連続的に踏破して、これを短里(85〜90メートル)で里数表示し、一方、投馬国・邪馬台国は倭人から伝聞の短日で、これを博多湾から放射的に日数表示したのです。これによってのみ、帯方郡治から邪馬台国までの総距離=12,000里を含めた里程日程の整合性が得られるのであります。

 

 

 

博多湾岸の伊都国(糸島郡三雲)から邪馬台国(中津・宇佐)までは、倭人伝で1,500里ですが、1里=85〜90メートルで計算すると128〜135キロメートルの理論値となります。一方、現実の地理を図上測定すると、三雲から中津・宇佐まで陸路では123〜138キロで、理論値とまったく一致します。

伊都国の三雲から中津・宇佐までは、海岸線を走るコース(香椎・宗像・小倉・行橋・中津・宇佐)および宗像から内陸部に進み直方・田川から中津に入るコースがあるが、いずれも128〜135キロです。そして、1,500里(128〜135キロ)が陸行1月=30日に相当し、1日当り4.3〜4.5キロ、平均4.4キロ(50里)の「倭人の短日」で表示されています。

さらに、「水行二十日」「水行十日」とは、博多湾岸(伊都・奴・不弥)から玄界灘の海流に乗り、関門海峡を通過して瀬戸内海(周防灘)へ流入し、左手が投馬国(防府)、右手が邪馬台国(中津・宇佐)となります。邪馬台国へは、関門海峡を通過して周防灘の豊前側を南下しますが、この時、左手に投馬国を眺めながら水行するのです。この地勢的現実が、邪馬台国までの旅程の途中に投馬国が記載された理由です。

倭人伝の「水行二十日」「水行十日」「陸行一月」「船行一年」との日数は、すべて倭人からの伝聞で、「倭人の短日制」で表示されております。

この「倭人の短日」は『隋書倭国伝』『旧唐書倭国伝』『新唐書日本伝』での倭国=日本の領域を示した「東西五月行」(九州西端〜日本アルプス:約800キロ)、「南北三月行」(対馬北端〜九州南端:約440キロ)と統一性を持っております。

さらに、倭国=日本の領域が日本アルプスまでということは、『旧唐書日本伝』で言う「東界北界は大山有りて限りを為し、山外は毛人の国なり」、との記述とまったく一致します。

「倭人の短日」とは、後述のように陸行が1日当り4.3〜4.5キロで平均4.4キロ(50短里)、また水行は静水時では1日当り5.5〜5.9キロで平均5.7キロ(65短里)です。
そして、『隋書』『旧唐書』『新唐書』での「東西五月行=150短日」の800キロ、および「南北三月行=90短日」の440キロは、陸行と水行の平均の1日当り約5.1キロとの「倭人の短日制」で表示されております。

また倭人伝の「船行一年=六ヶ月」で至る裸国・黒歯国も日本列島内に求めることが可能となります。古代日本での1年とは、現代の半年=六ヶ月に相当し、これは『隋書』『旧唐書』『新唐書』での「東西五月行」にほぼ相当します。

429年、南朝劉宋の斐松之が三国志に加注した際、倭人伝中で引用した『魏略』に次の文があります。「魏略に曰く−−−其の俗、正歳四季を知らず。但々春耕、秋収を計りて年紀と為す」。この文章は、倭人は「春耕」と「秋収」の二点を年紀とする、つまり「一年に二回歳をとる」という意味です。これは、倭人伝の次の記事−−−「その人、寿考(寿命)、或は百年、或は八・九十年」、とも対応しています。すなわち、倭人伝の百年とは現代での50年、また八・九十年とは40〜45年に相当し、古代倭人は二倍年暦で寿命を計算し、古代人の寿命は40〜50年ということです(人生わずかに50年)。また、この古代日本人の二倍年暦での年齢計算は、記紀で古代天皇の寿命と在位年数が異常に長いことにも現れています。従って、倭人伝の「船行一年」とは、現代の半年=六ヶ月で計算すべきです。

そうすると、現実の裸国・黒歯国は近畿・中部・東海の銅鐸文明圏に比定が可能となり、従来学説のフィリピン、インドネシア、ハワイ、はては南米大陸というような非現実的な設定は必要が無くなります−−−裸国・黒歯国は倭人伝に登場するのですから、日本列島内とすべきです。

 

 

隋書

 旧唐書

 新唐書

東西五月行=765キロ
(150短日×5.1キロ)

南北三月行=459キロ
(90短日×5.1キロ)

 

 

現実の日本列島

九州西端〜日本アルプス : 800キロ
(東西五月行に相当)

対馬北端〜九州南端 : 440キロ
(南北三月行に相当)

倭人の短日による1日当りの距離が5.1キロとはあまりに短いと不審に思われるかもしれません。しかし現実には、記録にはっきりと残されています。

『隋書倭国伝』に、「夷人(倭人)は里数を知らず。但々、日をもって計る」とあります。すなわち古代日本人は、距離をあらわすのに里数ではなく、日数で表現していたのです。そして、『隋書』『旧唐書』『新唐書』での倭国の領域を示した「東西五月行」「南北三月行」は、すべて倭人の日数表示による距離なのであります。

この倭人の1日当りの距離を計算すると

東西五月行: 800 キロ ÷150日= 5.33キロ/日
(九州西端〜日本アルプス) (五月行)

南北三月行: 440 キロ ÷ 90日 = 4.89キロ/日
(対馬北端〜九州南端)  (三月行)

これを平均すると、(5.33+4.89)÷2=5.11キロ、となります。すなわち、古代倭人の1日当りの距離は、水陸行の平均で直線距離5.11キロと非常に短いことが分かります。
そしてこの5.1キロを陸行と水行に分解すると、後述のように陸行=4.4キロ/日、水行=5.7キロ/日となります。これは魏志倭人伝の「水行二十日」「水行十日」「陸行一月」「船行一年」に共通し、邪馬台国位置論の里程・日程を解く鍵なのであります。

倭人の「短日制」を平易に言えば、「日」というのは一種の距離単位であって、メートル、キロメートル、マイル、里などと同等視できるということです。仮に倭人が距離単位として「日」(ひ)ではなく「比」・「火」・「被」の文字を使用して、これが5.1キロとしても誰も不審とはしなかったでしょう。要は、後世の例えば唐代の1日の旅程=28キロなどにこだわらない方がよいということです。

なお、以上の倭人の水陸行平均=5.1キロ/日は地図上の直線距離(距離の測定方法は後述)の話であって、現実の地勢は道路が曲がりくねり、また川あり山あり、さらに沿岸水行の場合も海岸線は曲がりくねっているので、実際の移動延べ距離は約2倍の10キロ程度と考えるのがよいかもしれません。

もちろん倭人の短日制による「日」の概念は、もともと一日の移動距離から出発していると考えられますが、道路条件が極めて悪い古代日本では、一日の移動延べ距離が約10キロであったとしても、決して不思議ではありません。これが地図上の直線距離では約5キロに相当するわけです。そして古代倭人は、この「日」をかなり抽象化した一種の距離単位(時間距離)として使用していたのであります。

ただし水行の場合は潮流の影響があると一日当りのスピードは大幅に変化します。倭人伝の場合は、玄界灘・関門海峡・周防灘の海流のスピード差を計算に入れることにより、「水行20日」「水行10日」「陸行1月=30日」「12,000里」「1,500里」の相互の整合性が可能となります。これは従来学説のどれ一つとして為し得なかったことです

博多湾(伊都国など)から中津・宇佐(邪馬台国)までは、陸路の123〜138キロは30日(陸行1月)を要しますが、水路の138キロ〜153キロは関門海峡・周防灘の干潮時の流れが非常に速いため、わずか10日(水行10日)で邪馬台国まで到達します。

ところが一方、周防灘と言っても山口県沿岸は干潮時に逆転潮流の発生のため、沿岸水行のスピードは大幅に低下します。このため、博多湾から防府(投馬国)までの157キロは、20日(水行20日)を必要とします。なお、満潮時の周防灘の潮流のスピードはゆるやかで山口県沿岸は逆転潮流は発生せず(下図参照)、満潮時に関門海峡→防府の航行は潮流に逆らい困難です。

これは、関門海峡をはさんで日本海と周防灘の海面の水位は日本海側が約30センチメートル高いことと、周防灘の地形的特徴によるものです。

古代瀬戸内海航路では、北部九州から難波に行くには関門海峡から干潮時の潮流に乗り、豊前側を南下して国東半島付近に至り、それから東に航行したのは多くの古記録より明らかです。

 

すなわち、次の『上代航路図』のように、関門海峡を抜けた船は豊前側を南下します。一方、本州側(長門)の航行は困難です。

この潮流に乗るときの水行スピードは、以下の計算となります。

<中国の長里・長日での水行距離>

中国の場合、陸行は1長日当り50長里、水行は静水時で1長日当り65長里が一般的な旅程の相場です。また、1時間当りの旅程は陸行で4キロメートル、水行では5.2キロメートルです。

唐の法典集『六典』によれば、陸行の1長日は50長里すなわち50長里×560メートル=28,000メートル=28キロです。これを時速4キロで割ると、28キロ÷4キロ=7時間、すなわち歩行は正味7時間となります。この1日の旅行時間は、朝8時に出発したとすると夕方5時までの9時間だが、昼食時の1時間および午前中・午後の休憩各30分を除いた正味7時間とするのが妥当です。これは陸行・水行に共通です。

水行の場合は同様に六典などから推定すれば、静水時で1長日当り60〜70長里、平均65長里です。さらに、黄河・揚子江などの川を下る(流れに乗る)場合は、流れのスピードにより1長日当りの旅程は大幅に変化し、1長日=70〜150長里とあります。

潮流の時速

静水時の時速

合計の時速

1日当り水行時間

1長日当りの水行距離

0.0キロ
(静水時)

5.2キロ

5.2キロ

7時間

36.4キロ=65長里

1.9キロ
(1ノット)

5.2キロ

7.1キロ

7時間

49.7キロ=89長里

3.7キロ
(2ノット)

5.2キロ

8.9キロ

7時間

62.3キロ=111長里

5.6キロ
(3ノット)

5.2キロ

10.8キロ

7時間

75.6キロ=135長里

7.4キロ
(4ノット)

5.2キロ

12.6キロ

7時間

88.2キロ=158長里

9.3キロ
(5ノット)

5.2キロ

14.5キロ

7時間

102.5キロ=181長里

<倭人の短日での水行距離>

倭人伝での伊都国・邪馬台国間は倭人からの伝聞の「陸行1月=30短日」で、帯方郡からの全12,000短里から伊都国までの10,500短里を引いた1,500短里(128〜135キロ)に相当します。

従って、1,500短里÷30短日=50短里/短日となります。
そうすると倭人の短日では、陸行1短日=50短里=50短里×85〜90メートル=4.3〜4.5キロ、平均で4.4キロです。

前述のように、中国での陸行・水行の比例関係は、陸行1長日=50長里に対し水行1長日=65長里です。陸行と水行の比例関係は中国と日本は基本的には同じですから、倭人の「短日表示」での陸行1短日=50短里に対して、静水時は水行1短日=65短里=5.5〜5.9キロ=平均5.7キロとなります。

そして『隋書』『旧唐書』『新唐書』での「東西五月行」「南北三月行」は、以上の水陸行平均の短日あたり5.1キロで計算されているわけです。
これと同様に、潮流に乗る場合の「短日」の距離を計算すると次表の通りです。即ち、潮流の速さが1ノット(時速1,852メートル)増す毎に短日あたりの水行キロ数が約2キロメートル伸びます。

例えば、潮流のスピードが時速1.9キロ(1ノット)のケースは、中国の場合は1長日当り89長里=49.7キロです。これに対し日本の場合は、1短日当り89短里=7.8キロの水行となります。

潮流の時速

倭人の短日当り
水行里数

短里当りのメートル

倭人の短日当り
水行キロ数

<参考>
中国の長日当り

水行里数

0.0キロ
(静水時)

65短里

85〜90メートル

5.7キロ

65長里

1.9キロ
(1ノット)

89短里

同上

7.8キロ

89長里

3.7キロ
(2ノット)

111短里

同上

9.7キロ

111長里

5.6キロ
(3ノット)

135短里

同上

11.8キロ

135長里

7.4キロ
(4ノット)

158短里

同上

13.8キロ

158長里

9.3キロ
(5ノット)

181短里

同上

15.8キロ

181長里

 

さて、博多湾から邪馬台(中津・宇佐)と投馬(防府)への水行を次のように分解します。

 

上図で水行を5区間に分割したのは、区間毎に潮流のスピードが異なるからです。すなわち

A:博多湾西端→遠賀川河口      

 

この区間53キロは対馬暖流に乗りますが、
潮流のスピードは約2ノットです。

 

 

 

B:遠賀川河口→小倉  

   

 

現在の北九州市にある洞海湾は古代は「くきの海」と呼ばれ、
響灘まで続いた水道でありました。
従って、この区間22キロでの潮流は約3ノットと考えるのが妥当です。

 

 

 

C:小倉→部崎 

 

関門海峡入り口の小倉から出口の部崎までの18キロは
干潮時の急流に乗ります。そしてこの区間の平均潮速は約5ノットです。

 

 

 

D:部崎→防府

 

この区間64キロは、干潮時は山口県側沿岸で逆転潮流が発生するため、
船は潮流に乗ることは出来ません。

 

 

 

E:部崎→中津・宇佐

 

この区間45〜60キロは、干潮時に約3ノットの潮流に乗り
豊前側沿岸を南下します。

 

以上の距離を、玄界灘・響灘・関門海峡・周防灘の潮流のスピードを考慮に入れて、倭人の短日による水行日数を計算すると、以下の通りとなります。

例えば区間Aの博多湾西端から遠賀川河口の53キロは2ノットの潮流に乗ります。先程計算したように、潮流のスピードが2ノットの場合、倭人の短日あたりの水行距離は111短里=9.7キロです。そうすると区間Aの所要日数は、53キロ÷9.7キロ=5.46短日となります。

水行区間

距離

潮流のスピード

倭人の短日当り
水行距離

所要短日数

A:博多湾西端→遠賀川河口

53キロ

2ノット

9.7キロ
(111短里)

5.46短日

B:遠賀川河口→小倉

22キロ

3ノット

11.8キロ
(135短里)

1.86短日

C:小倉───→部崎

18キロ

5ノット

15.8キロ
(181短里)

1.14短日

D:部崎───→防府

64キロ

0ノット

5.7キロ
(65短里)

11.23短日

E:部崎───→中津・宇佐

45〜60キロ

3ノット

11.8キロ
(135短里)

3.81〜5.08短日

そうすると、伊都国から投馬国・邪馬台国への水行所要日数は、次の計算となります。

 

A

B

C

D

 

伊都国〜投馬国 

5.46 + 

1.86 +

1.14 +

11.23

19.69短日

 

 

 

 

 

 

 

A

B

C

E

 

伊都国〜邪馬台国    

5.46 +

1.86 +

1.14+

3.81〜5.08

12.27〜13.54短日

ただし倭人が言う「水行二十日」「水行十日」とは、あくまで博多湾岸からの意味で、博多湾岸中央を起点とするのが妥当かも知れません。そうすると、ちょうど10キロ距離が縮まります。結果として、邪馬台・投馬への所要日数はそれぞれ1.0短日が短縮されます。

また、関門海峡出口の部崎から防府(投馬国)までの64キロは、潮流に乗らないということで1短日あたりの「水行」を静水時と同じ65短里(5.7キロ)として計算しました。しかし現実には、この64キロは山口県側沿岸で干潮時に生じる逆転潮流を横切るので、2〜3割はスピードが落ち「陸行」と同じ1短日あたり50短里(4.4キロ)程度の水行となる可能性があります。そうすると、投馬国への「水行」は3.32短日が延長されます。

以上の二点を考慮に入れると、博多湾中央→防府(投馬国)は水行22.01短日、また博多湾中央→中津・宇佐(邪馬台国)は水行11.27〜12.54短日の所要日数となります。

さらにプラスして、水行の起点を博多湾東端とすれば、逆に1.0短日が短縮され、博多湾岸→防府(投馬国)は水行21.01短日、また博多湾岸→中津・宇佐(邪馬台国)は水行10.27〜11.54短日の所要日数の計算となります。

倭人伝では、これらが「水行二十日」「水行十日」と表示されているのです。

以上のように私の新説による里程日程論では、@帯方郡から邪馬台国までの全12,000里、A伊都国(博多湾岸)〜邪馬台国(中津・宇佐)の1,500里、B伊都国〜投馬国(防府)の水行二十日、C伊都国〜邪馬台国(中津・宇佐)の水行十日または陸行一月、D現実の地理上の距離、の五点が相互に完全な整合性が可能となります。

そして、この整合性を可能ならしめたのが西日本の現実の地理・海流の条件であり、また隋書・旧唐書・新唐書からも裏付けられた倭人の短日制なのです。

このようにして、邪馬台国は東九州大分県中津・宇佐(豊前)に比定されるのです。そしてこの東九州豊前説では、倭人伝の「女王国の東、海を渡る千余里、また国有り、みな倭種」を豊後水道を渡海した四国に比定し、現実の地理と比較すると、ぴったりの表現となります。

 

なお、『倭人の短日制』は私の新説ですが、従来学説でも邪馬台国への最終行程の「陸行1月」だけは実質的に「短日」(1日当り1.75.0キロ)とするのが、次表のようにあります。

 


 

次へ (1.6 奇数配置・陰陽五行説と倭人伝の里程・日程論)


Copyright(c) 1999, H.Washizaki

戻る (1.邪馬台国の位置)
戻る (拙著概要)