ホーム | 拙著概要 | 質問への回答 | 著者紹介 | 掲示板


著者紹介


   鷲崎 弘朋(ワシザキ ヒロトモ)


  歴史研究家、日本考古学協会会員
  1942年(昭和17年)12月22日、広島県広島市の日本赤十字病院
  (いわゆる原爆病院)で生まれる。
  父(日銀勤務)の転勤で広島を離れ原爆の難を免れた。
  東京都中野区立啓明小学校、千代田区立麹町中学校、私立桐朋高校卒業。
  最終学歴は東京大学法学部卒業
  日本軽金属に入社し、社長室課長、経営企画部企画課長。
  新日軽(トステム等と統合し、現LIXIL)へ移り
  資材部長、企画室長、監査役などを歴任し、
  常務取締役を退任(2006年)後は歴史研究に専念

  東京都練馬区在住
  Tel/Fax::03−3998−2902
  E-Mail: RXB06344@nifty.ne.jp

 著書
■ 邪馬台国の位置と日本国家の起源(1996年、新人物往来社)

 論文
■ 木材の年輪年代法の問題点―古代史との関連について(2008年、『東アジアの古代文化』136号、大和書房)
■ 炭素14年代法と邪馬台国論争―年輪年代法との連動を通して(2009年、『邪馬台国』101号、梓書院)
■ 邪馬台国と宇佐神宮比売大神(2010年、『歴史研究』578号、歴研)
■ 年輪年代法と炭素14年代法の問題点(2011年、『邪馬台国研究大会』歴研)
■ 卑弥呼と宇佐神宮比売大神(2010〜2011年、『古代史の海』61〜65号)
■ 年輪年代法の弥生古墳時代100年遡上論は誤り(2011年、第30回記念数理科学会『講演論文集』)
■ 歴博「古墳出現期の炭素14年代測定」は誤り(2011年、『邪馬台国』111号、梓書院)
■ 年輪年代法の問題点(2013年、日本考古学協会第79回総会『研究発表要旨集』)

Copyright(c) 1999, H.Washizaki

戻る (ホーム)